My Psycho Journey in Film

My Psycho Journey in Film

僕の趣味である、自転車、キャンプ、フィルムカメラ、についてのブログ

【レビュー】富士フィルム・業務用100をレビューしてみた!

 

今回は、

 

フィルム界ではみんなが使う、

富士フィルムの、

 

業務用フィルム100をレビューしていきます。

 

 

f:id:suiiti73:20181121104340j:plain

 

 

目次

 

 

 

どんなフィルムなのか

 

f:id:suiiti73:20181121104857j:plain

 

まずは、ISOは100ですね。

 

100なので、

滑らかではありますが暗いところでは、

あまり強くない印象。

 

 

そもそも、富士フィルムの特徴は、

 

緑が強いことだと思います。

 

 

Kodakと比べても、

色がはっきりしていて、彩度が高い。

 

 

Kodakとはまた違った鮮やかさです。

 

 

僕個人的に、優しい色が好きなので、

もちろんKodak派ですが、

比較的濃い色で、

色味がはっきりしているのが好きな方は、

 

富士フィルムがおすすめですね。

 

 

 

あと、今まで撮った感想からして、

暗闇よりも、晴れた日のほうが、

緑が強いんだけれども、

うっすらオレンジがかった色も出るので、

よりノスタルジックな味が出ます。

 

f:id:suiiti73:20181119223501j:plain

 

 

 

 

留学中にヨーロッパに行ったりしたけど、

そのときはKodak を使っていた。

 

撮ってるとき、

富士フィルムは日本じゃないと映えないなあ

って思いながら撮っていた。

 

 

逆に、日本を撮っていると、

富士フィルムは日本だなって思う。

 

まあそれは当たり前で、

富士フィルム日本の会社だから。

 

 

特に夏は富士フィルムだなって常々思う。

 

まあそれでもKodakを使っているけど(笑)

 

 

値段

 

値段はかなり抑えめです。

 

業務用というくらいだからもちろん安いし、

割とどこにでも置いてある印象。

 

初めてフィルム買うって方には

かなりコスパはいいと思います。

 

 

一本で売っているところだと、

24枚撮りで300円~くらいでしょうか。

 

 

撮った写真たち

 

f:id:suiiti73:20181121105519j:plain

 

 

 

f:id:suiiti73:20181119224241j:plain

f:id:suiiti73:20181119224300j:plain

 

 

暗いところだとこんな感じですね。

 

ぼやあって感じで目に入らずに、

しっかり、ダイレクトに目に入ってくる、

そんな印象。

 

また、色の境目もしっかり境がある。

 

 

f:id:suiiti73:20181119224514j:plainf:id:suiiti73:20181119224511j:plain

 

 

やっぱり特に緑系統が伸びますね。

 

暗いところはあんまり色が乗らないイメージですが。

 

 

f:id:suiiti73:20181119225434j:plain

 

 

 

自然に撮っただけで、

何となく昭和~な感じになるのが、

富士フィルム

 

カメラとレンズを変えると、

全く印象の違う写真になると思う。

 

Olympusより、Canonのほうが

よりくっきり色を届けてくれる感じがする。

 

 

野球の写真の前の写真たちは、

Olympusで撮っている。

 

 

f:id:suiiti73:20181119225816j:plain

f:id:suiiti73:20181119225852j:plain

f:id:suiiti73:20181119225854j:plain

f:id:suiiti73:20181119225855j:plain

f:id:suiiti73:20181119225935j:plain

f:id:suiiti73:20181119225937j:plain

f:id:suiiti73:20181119225941j:plain

f:id:suiiti73:20181119225944j:plain

 

 

あとはこんな感じ。

 

富士フィルムの業務用は、

写真を見るだけで、

割とわかるような味をしてると思う。

 

 

僕のフィルム写真のイメージの原点というか、

富士フィルムの味が、

ザ・フィルム

そんなイメージがかってにある。

 

だからKodakとかは逆に、

デジタルとフィルムの間のような感じ。

 

 

 

使った機材

 

 

まとめ

 

安いけど、

しっかりした色合いが出て、

どことなく昭和の雰囲気が出せるフィルム、

 

業務用の100。

 

 

本当にコスパが最強なので、

家に何本あってもいいフィルムですね。

 

ぜひ試してみてください!