My Psycho Journey in Film

My Psycho Journey in Film

僕の趣味である、自転車、キャンプ、フィルムカメラ、についてのブログ

【レビュー】Kodak の最高傑作、Portra 400を作例を使ってレビューしてみる

 

 

この前に、

 

Kodak portra160のレビューをしましたが、

 

今回は、Portra400

 

の、レビューをしていきたいと思います。

 

 

f:id:suiiti73:20181120212532j:plain

 

 

 

目次

 

 

 

Kodak Portra 400って???

 

まず、Kodak Portra400

について、説明していこうと思います。

 

 

基本的な点ですが、

Kodakという会社から販売されています。

 

 

35mmフィルム、ブローニーも販売されています。

 

 

こちらも、Kodak160と同様、

プロ・アマ問わず使われています。

 

 

特徴

 

ISOは400、Portra160に比べると、

少し粒子が多くて荒い印象がある。

 

 

でも、もともとなめらかな味出すフィルムだから、

そこまで荒くないし、

 

 

優しい色合いが特徴的でもある。

 

Portra160の記事でも書いたけど、

やっぱりイメージはオレンジ

 

 

富士フィルムに比べると、

ノスタルジックな仕上がりになると思います。

 

 

多くの方が使っているだけあって、

圧倒的な完成度の高さです。

 

 

値段

 

値段はお店によってまちまちですが、

一本で帰るところだと、

 

大体1300~1500円くらいだと思います。

 

5本セットが基本みたいですね。

 

お高いです、、、、。

 

正直学生である僕が、

何本も買えるフィルムじゃないですけど、

やっぱりPortraシリーズが好きなので買ってしまう。

 

 

スペイン留学中は、

Portra160を5本まとめて買ってしまった経験もある。

 

 

やっぱり向こうは芸術が盛んなので、

値段がかなり安い。

 

一本あたり、300~500円安かった。

 

 

話は戻って、

かなり高いフィルム、、、、。

 

値下がりしないかなああ。

 

 

実際に撮ってみた

 

さて、ここからは、

僕が実際に撮った写真を使って、

レビューしていきます。

 

 

f:id:suiiti73:20181117223748j:plain

 

ハイで撮りすぎちゃうと、

少し白とびしちゃますね。

 

 

最近気づいたのですが、

よっぽど暗い場所でなければ、

少しロー気味に撮ったほうがいいような気がしてる。

 

 

あとは、現像するお店を変えてみようかな、、、

 

f:id:suiiti73:20181117223945j:plain

 

 

Portra160ほどのなめらかさはないが、

このフィルムの真骨頂でもある、

 

粒状性が、いい具合に引き立ててます。

 

 

f:id:suiiti73:20181117224100j:plain

 

 

何回も言うけど、

このザラザラ感がたまんないんだよなあ、、

 

 

f:id:suiiti73:20181117224224j:plain

 

 

ISOが400なので、もちろん暗いところでも撮れますよ。

 

 

f:id:suiiti73:20181117224339j:plain

f:id:suiiti73:20181117224341j:plain

 

やはり白とびが惜しい。

 

f:id:suiiti73:20181117224423j:plain

f:id:suiiti73:20181117224424j:plain

 

 

よく、インスタとかで、

Portra400の写真を見るけど、

どうしてこんなに鮮明な写真が撮れるんだっていうくらい、

このフィルムは鮮明。

 

 

f:id:suiiti73:20181117224555j:plain

f:id:suiiti73:20181117224557j:plain

 

 

また、使っている人も多いから、

作例はかなりの量を見ることができると思います。

 

 

f:id:suiiti73:20181117224715j:plain

 

f:id:suiiti73:20181117224757j:plain

 

 

めっちゃフォロワー多い人は、

やっぱりレタッチとかしてるのかなあ

とか思いながら見てる。

 

けど個人的な思いとしては、

フィルムの場合、撮るときに

すべてイメージして設定しているから、

 

絶対にノーエディットってことを心掛けている。

 

 

けど、編集したほうが思うようなものに近づくし、

より良いなあってものになるから、

このゆがんだ考えはなくしていきたい(笑)

 

 

f:id:suiiti73:20181117225110j:plain

f:id:suiiti73:20181117225111j:plain

f:id:suiiti73:20181117225114j:plain

f:id:suiiti73:20181117225116j:plain

 

 

 

あとはこんな感じです。

 

 

少しでも参考にしていただけたら嬉しいです。

 

 

 使った機材

 

 

 

まとめ

 

 

どうでしたか、Portra400。

 

多くのユーザーがこぞってお勧めするとなると、

使ってみたくなると思います。

 

いつも業務用の富士フィルムなど使っている方、

ぜひ使ってみてください!

 

いつもと全然違う味になると思います。

 

 

また、プリントしてみると、

データとはまた違う味が出て、

2度楽しめるんじゃないでしょうか!