My Psycho Journey in Film

僕の趣味である、自転車、キャンプ、ランニング、映画、フィルムカメラ、についてのブログ

松本ー乗鞍①【絶景!!日本一高い道、秋の乗鞍に自転車で行ってきた!!】

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村 写真ブログへ

こんにちは

 

 

最近かなり寒くなってきて、

本格的に冬がやってきそうです。

 

 

で、その寒い時期に、

 

乗鞍に、

自転車で行ってきました。

 

 

いや、本当にめちゃくちゃ寒かった。

 

僕は、今回のこのライドを、

 

21年間で最も死に近い日

 

と、表現します。

 

これから書いていきますが、

本当に寒かった。

 

晴れていたから絶景だったんだけど、

っていう感じ。

 

 

 

 

それでは、書いていきます。

 

 目次

 

 

まず、乗鞍とは。

 

 
乗鞍鶴ヶ池駐車場と恵比寿岳
夏期の逆側
 
猫岳付近は雪の壁ができる

標高1,684 mの平湯峠を起点とし、標高2,702 mの畳平を終点とする、岐阜県東部の乗鞍岳に向かう延長14.4 kmの山岳観光道路であり、かつては岐阜県道路公社の管理する有料道路であったが、2002年平成14年)10月31日に無料開放された[2]

日本一の高度を走ることのできる雲上のスカイラインとして名高く、景観も格別で、夏季は観光客のマイカーで溢れかえり渋滞が続いていた[3]。付近は高山植物の宝庫でもあることから、マイカーによる著しい排気ガスによる自然破壊の進行が問題となっており、さらにはマイカー客による高山植物の摘み取り行為やゴミの持ち込み行為、鳥類など動物への威嚇行為(マイカー客が連れ込んだペットによる威嚇も含む)などの問題もあり、自然保護が叫ばれていた。

この渋滞解消と自然保護の観点から、乗鞍岳中部山岳国立公園の特別保護区域に指定されて規制が厳しくなったため、2003年(平成15年)5月15日からは(実質的には無料開放されたと同時に)通年マイカー規制となり、一般車両は走行する事ができなくなった。

こうしたマイカー規制の趣旨・目的は乗鞍スカイラインを走る路線バスでテープによる車内案内がされている。

 

Wikipediaから引用。

 

 

そう、乗鞍は、

日本の中で最も高い道路を走れる場所

なんです。

 

 

どうりで寒いわけですね。

 

 

 行く前から、寒いというのはわかっていました。

 

 

けど、想像以上に寒かったというか、

服装が全然間に合ってなくて薄着だった、

だから寒かったんだと思っています。

 

 

 

自宅→松本

 

今回のプランは、

 

自宅→田園調布(先輩の家)→立川(輪行)→松本

 

という風に行きます。

 

 

前日の夜に、

まず、先輩の家に前乗りして、

少し休んでから立川まで漕ぐというプラン。

 

 

着いたのが、23:30くらいで

少し遅くなってしまった。

 

 

02:00には起きて、

立川に向かわなければならいから、

オールフラグは早くも立っていた。

 

 

始発が04:40の

高尾発だから仕方なかった。

 

 

単純に眠れなかったというよりは、

楽しみすぎて眠れなかった(ガチで)

 

 

楽しみすぎて動悸が起きるっていうのはそうそうない。

けど、いろんな人のブログを見てると、

景気が連想できて、

 

早く走りたいっていう気持ちが

抑えられなかった(笑)

 

 

結局オールのまま、

立川に向かった(笑)

 

f:id:suiiti73:20181031141912j:plain

 

 

今回は、宿に泊まるので、

少なめの装備。

 

 

アピデュラの、

 

トップチューブバック

フレームバック、

ハンドルバーバック

の、3つでパッキングを行った。

 

 

 

スタートですね。

 

 

朝は、少し肌寒いくらい。

 

ネックウォーマーなしで、

ビブタイツ、長袖ジャージ、

 

 

ウィンドブレーカー

で、平気だった。

 

といっても、

これが最大の防寒(笑)

 

 

とは言っても、かなり走りやすい気候だった。

 

 

f:id:suiiti73:20181031220937j:plain

 

 

今回、一緒に行ったのは、

まさおさん、

イエローさん、

シノ、の3人、全員歳は一個上で、

 

同じ大学の、

サイクリングサークルに入っている人たちです。

 

 

イエローさんは、

平坦が強いっから、

多摩川沿いは、

僕とまさおさんはほぼ瀕死状態だった。

 

 

寝てないし、全然ご飯も食べていなかったので

軽くハンガーノック気味だった。

 

 

立川駅について、

 

輪行準備。

 

f:id:suiiti73:20181031221456j:plain

 

f:id:suiiti73:20181031221314j:plain

 

 輪行袋は、

GIANTのを使っています。

 

 

そのあと、

ローソンで朝飯購入。

 

f:id:suiiti73:20181031221421j:plain

 

 

 

 やっと食べれた。

 

 

立川、もうすでに少し寒い。

高尾についたころにはきっともう白い息が出ているはず。

 

 

高尾についてから、シノも合流。

 

 

f:id:suiiti73:20181031221700j:plain

 

 

 

駅のホームになんかいた。

 

 

松本につく前に見えた景色。

 

f:id:suiiti73:20181031222820j:plain

 

 

 

気が付くと、

山々に囲まれていて、

もうかなり近くなったな、という印象。

 

かなり気温も下がっているし、

それに伴って暖房は強くなっていた。

 

 

08:30ごろ、着いた!!!!

待ちに待った、松本駅

 

f:id:suiiti73:20181031223005j:plain

 

 

f:id:suiiti73:20181031223014j:plain

 

 

色々な人のブログで夢にまで見るほど見た、

スタート地点。

 

めちゃくちゃワクワクした。

 

 

f:id:suiiti73:20181031223443j:plain

 

 

天気もいいし、

気温もよさそう。

 

f:id:suiiti73:20181031223524p:plain

 

 

 

松本から、乗鞍までもうコンビニがないとうことで、

駅前でかなり買い込んだ。

 

 

羊羹、ウィダー2つ、パンなど。

 

けど、あとの話になるが、

頂上付近まで空腹になって、全然足りなかった。

 

 

f:id:suiiti73:20181031223751p:plain

 

 

獲得標高2400mくらい。

 

しかもほとんど下りがないので、

休む暇なく登らされる。

 

 

 

松本→乗鞍

 

 

スタート!!

 

f:id:suiiti73:20181031224907j:plain

 

 

一番前から、

イエローさん、

シノ、

まさおさん。

 

シノは、GIANTのクロスバイクに乗っている。

 

 

f:id:suiiti73:20181031225353j:plain

 

 

 

僕たちが進む方向。

 

 

初めはひたすら158号線を進む。

 

 

f:id:suiiti73:20181031225457j:plain

 

 

序盤はイエローさんが牽いた。

 

 

最初は、結構緩やかな登りだったけど、

少し風が強かった。

 

 

あと、遠くに見える山が最初、

乗鞍岳だと思ってた(笑)

 

 

f:id:suiiti73:20181031225919j:plain

 

 

 

うーーん、全然まだ遠い。

 

 

でもとにかくワクワクが止まらない状況。

 

この時はまだ、乗鞍の本気を知らなかった。

 

 

f:id:suiiti73:20181031230038j:plain

 

 

10㎞くらい漕ぐと、

さっき見えてた山がもうすぐ近くまで来ていた。

 

 

この時点で、あれ?乗鞍どこ?

みたいな状態になってた(笑)

 

けど、まだ斜度は緩いし、

体力的にも余裕だったので、

かなり楽しく走れていた。

 

 

f:id:suiiti73:20181031230429j:plain

 

 

気温は12度だけど、

日差しは強いし、まあ大丈夫だろう。

 

 

一回目の休憩は、

道の駅風穴の里

 

f:id:suiiti73:20181031230635j:plain

 

 

goo.gl

 

ここでは、20分程度休憩をして、

軽食をとって、

再出発した。

 

 

現在は1000mほどだろうか。

 

 

基本的には、気温が低いので、

動いていないと寒くなってしまう。

 

 

f:id:suiiti73:20181031231441j:plain

 

 

景色はこんな感じ。

 

紅葉が本当に綺麗な季節に来れた。

 

これからこの紅葉の中に進んでゆく。

 

 

そして、乗鞍岳に進む道は、

本当にトンネルが多い。

 

そして、そのトンネルの中は、

かなり凸凹してて、自転車にはかなり不向きだった。

 

 

f:id:suiiti73:20181101003625j:plain

 

 

 

しかも、トンネル内にも分岐があるから、

かなり危険である。

 

 

しばらくして、26号線に入ってからは

だいぶ交通量が減るからかなり走りやすくなった。

 

けど、それと同時に、斜度もかなりきつくなってきた。

 

 

基本的には、5%前後だったんだけど、

ざらに10%とかそういう斜度がどんどん出てくる。

 

 

f:id:suiiti73:20181101004812j:plain

 

 

ハンドル周りはこんな感じ。

 

サイコンはガーミンを使っている。

 

 

 

f:id:suiiti73:20181101005158j:plain

 

 

イエローさん。

 

今思うとこの辺はマジで楽だったなあ、、、

 

本当イラスト20㎞くらいからが、

乗鞍の本気だった。

 

 

f:id:suiiti73:20181101005319j:plain

 

 

この辺はみんなまだ楽しそう。

 

気温も適温だったし、

天気も良かった。

 

斜度が少しきつかったくらいで、

何も問題がなかった。

 

まだここは、、、、

 

 

f:id:suiiti73:20181101010005j:plain

 

 

それにしても紅葉がきれい。

 

この次の日には、

乗鞍、全面通行止めになっていたから、

本当にタイミングが良かった!!

 

1300ⅿくらいでもう一回休憩。

 

 

f:id:suiiti73:20181101010318j:plain

 

 

このくらいから、これから僕たちが上る、

乗鞍の畳平が見えてくる。

 

これ見たときは正直かなりビビった。

 

あんな先まで上るの??って。

 

実際上ったけど、あれは本当にえぐかった。

 

 

今となってはこれ良く登ったなあって本当に思う。

 

 

 

 

 蜂(apidura)に蜂が止まった面白い写真が撮れた。

 

f:id:suiiti73:20181101071219j:plain

 

 

あまり休むと足も固まってしまうのですぐ出発。

 

 

f:id:suiiti73:20181101071332j:plain

 

 

けど、だんだん空が近づいている気がする。

 

空気が冷たくなっているし、

雲の動きがわかるようになっていた。

 

 

 

現在は1500mくらい。

 

 

少し長くなってしまった。

 

 

今回はここまでにして、

次回は頂上まで書けると思います。

 

 

次回も絶景の乗鞍をお楽しみに!!

 

 

使用したカメラ

 

 

 

 

走行ログ

 

 

 

【次の連載記事】

 

suiiti73.hatenablog.jp