My Psycho Journey in Film

僕の趣味である、自転車、キャンプ、ランニング、映画、フィルムカメラ、についてのブログ

カメラ初心者必見!今話題の写ルンですとは?

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村 写真ブログへ

 

 

今回は、今話題の写ルンです(うつるんです)について

書いていこうと思います。

 

目次

 

 

写ルンですってなに?

 

まず写ルンですについて、

紹介していこうと思います。

 

 

写ルンですとは、1986年に、

Fujifilmから発売された、

コンパクト対応のフィルムカメラです。

 

 

現在は、27枚撮りでと、

水の中で使える写ルンですの、

2種類しか生産してないようです。

 

 

けどカメラ屋さんにはまだまだあると思うので、

39枚撮りもありそう!

 

 

 なんで写ルンですを使うのか

 

やっぱり、フィルムは

レトロな感じがして、

デジタルとは違った良いところがあると思います。

 

 

そして、操作がとても簡単。

 

懐かしい感じがして、

温かみや、フィルムに限りがあること、

粗さ、軽さ。

 

 

こういったところが、

今はやっている理由かなと思います。

 

写ルンですに慣れてきたら、

ぜひカメラを買って、

自分でフィルムを選んでほしいです!!

 

 

 

写ルンですのスペック

 

スタンダードな 写ルンです

SIMPLE ACE

《主な仕様》●フィルム : ISO400 135フィルム●撮影枚数 : 27枚●レンズ : f=32mm F=10 プラスチックレンズ1枚●シャッタースピード:1/140秒●撮影距離範囲 : 1m~無限遠●ファインダー : 逆ガリレオ式プラスチックファインダー●フラッシュ : 内蔵(有効撮影距離:1m~3m) パイロットランプ付スライド式フラッシュスイッチ●電池 : 単4形 1.5Vアルカリマンガン 乾電池内蔵●寸法 : W 108.0×H 54.0×D 34.0mm●重量 : 27枚撮=90g

 

 

 27枚しか撮れないから、

すぐ終わってしまう、、、、

 

 

 

ISO値は400。

 

 

ISOというのは、

光を取り込める感度のことで、

この数値が高いほど、

暗いところでもよく写る、という意味。

 

 

シャッタースピードは、

1/140で固定なので、

そもそも写ルンですは暗いところには弱いですね。

 

 

ですが、写ルンですにはフラッシュが付いている!!

 

 

フィルム一眼レフには、

付属のフラッシュをつけないといけないから、

これはかなり便利な機能。

 

 

しかし、このフラッシュは、

1~3m以内の被写体に対してとらないと、

ただ光が発せられているだけの、

写真になってしまうので注意です!

 

 

 

使い方

 

使い方はめちゃめちゃ簡単です。

 

 

なんなら、これが一番の売りといっても過言ではないくらい。

 

まず、右上の巻き上げダイヤルを回します。

 

f:id:suiiti73:20181025021718p:plain

 

撮ってみる

巻き終わったら、

シャッターボタンを押すだけ!

 

本当に簡単です。

 

フラッシュをたく

フラッシュが必要なら、

写ルンですの表側にある、

フラッシュのレバーを上げましょう。

 

 

すると、写ルンです上部にある、

パイロットランプが赤く光るので、

そこが赤くなったら準備完了です。

 

 

フラッシュのレバーを上げた後、

すぐにシャッターを押すと、

まだフラッシュが

準備できていない可能性があるので注意してください!

 

 

 

撮り終わったら、、

 

お店に持っていきましょう!

 

近くにカメラ屋さんがあれば、

現像をお願いできるはずです。

 

僕はいつも、

 

goo.gl

 

ここの横浜にある

カメラ屋さんで注文しています。

 

 

また、カメラ屋さんによって、

現像後の写真の味が変わるので、

もしこだわりがあるなら、

オーダーしておきましょう。

 

 

例えば、

  • 明るめがいい
  • 彩度は濃いめ
  • インスタグラムのサンプルアカウントを見せる

などを伝えておくといいと思います!

 

 

現像したあと

 

現像した後は、いくつかのコースを選べます。

(お店によりますが)

 

  1. 現像フィルム+プリント+データ化
  2. 現像フィルム+データ化
  3. データ化のみ

 

 

お店によっては、データのみ

ケータイに送ってくれるところもあるみたいです。

 

 

僕は最近は、ちゃんとプリントもして、

部屋に一枚ずつ張ってます(笑)

 

値段は、1から順に安くなっていきます。

 

 

なので、かかる費用は、

 

写ルンです本体+現像代(上記のコースによる)

 

ということになります。

 

 

デジタルが主流の今、

現像代は馬鹿になりません、、、、

 

 

 

実際に撮ってみた

 

 

実は僕も写ルンですのヘヴィーユーザーで、

フィルムカメラにはまったのも、

去年写ルンですを友達からもらったのが、

きっかけでした。

 

 

 

f:id:suiiti73:20181025223043j:plain

 

 

僕は、フラッシュでとるのが好き。

 

 

f:id:suiiti73:20181025223133j:plain

 

 

フィルムならではの、フレアも好き。

 

フレアとは、

フィルム特有の、太陽に当たると起こる、

光?のようなもの。

 

f:id:suiiti73:20181025223258j:plain

 

 

f:id:suiiti73:20181025223328j:plain

 

 

あとはやっぱり画質の粗さも好き。

 

 

f:id:suiiti73:20181025223402j:plain

 

 

 

 

失敗例

 

 

  • 暗すぎる

f:id:suiiti73:20181025223519j:plain

 

 

f:id:suiiti73:20181025223548j:plain

 

f:id:suiiti73:20181025223643j:plain

 

 

  • フラッシュが遠い

f:id:suiiti73:20181025223735j:plain

 

f:id:suiiti73:20181025223833j:plain

 

 

 

さいごに

 

 

今回は写ルンですについてまとめました。

 

今や、デジタルが主流の時代。

 

衰退し続けているフィルムですが、

いいところがたくさんあります。

 

少しでも、いいと思ったら、

ぜひ!フィルムカメラを始めてみてください!

 

 

今までと違った雰囲気の写真が撮れるはずです!