My Psycho Journey in Film

僕の趣味である、自転車、キャンプ、ランニング、映画、フィルムカメラ、についてのブログ

あとがき、松山観光【四国自転車一周旅】

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村 写真ブログへ

四国自転車一周旅のゴールは、

松山だった。

 

 

松山で一泊して、尾道に向かう予定。

 

 

松山は何といっても道後温泉

 

もはやあそこは観光地となっているが、

普通に温泉に入りに行きたい(笑)

 

 

まず、松山市内の電車は、

自転車を持ち運ぶことができる。

 

f:id:suiiti73:20181020212239j:plain

 

f:id:suiiti73:20181020212250j:plain

 

 

電車は割とすいてるし、

迷惑にならずに持ち込むことができた。

 

 

本日の宿は、

道後温泉駅から徒歩2分にある、

 

ふじや ゲストハウス

 

www.yado-fujiya.com

 

 

先ずは自転車を置いて、

その後、道後を観光する予定。

 

 

松山市内駅から発車する、

路面電車輪行しなければならない。

 

f:id:suiiti73:20181020213303j:plain

 

 

f:id:suiiti73:20181020213328j:plain

 

 

レトな感じがする。

 

 

f:id:suiiti73:20181020213408j:plain

 

 

輪行

 

 

僕は輪行するのが大っ嫌いで、

基本的に、

旅に行くためにかなりの距離を移動するとき以外はしないが、

今回は輪行

 

 

f:id:suiiti73:20181020213602j:plain

 

 

道後温泉駅を降りると目の前に、

道後商店街がある。

 

ここには、たくさんのご飯屋さんや、

お土産屋さんが入っていて、

ほぼすべてはここで賄える。

 

 

まずは、ここで腹ごしらえ。

 

f:id:suiiti73:20181020214233j:plain

 

ここでは、ハンバーガーやコーヒー、かき氷が味わえる。

 

goo.gl

 

DOUGONOMACHIYA である。

 

 

f:id:suiiti73:20181020214113j:plain

 

 

 

景色も家具もとても趣がある。

 

これぞ日本。

 

 

ハンバーガーおいしい。

 

 

京都から合わせて結構食べている気がする。

 

 

 

f:id:suiiti73:20181020214547j:plain

 

 

路面電車も趣があるね。

 

 

f:id:suiiti73:20181020214631j:plain

 

 

 

商店街のお土産屋さんで買った、

ミカンアイス。

 

やっぱり、愛媛といえば、

みかんだよね、あんまり食べてないけど、

もっと食べればよかった。(皮をむくのが面倒くさい)

 

 

そのあとは、

めちゃくちゃならんだけど、

タイ飯が有名らしいので食した。

 

 

f:id:suiiti73:20181020214930j:plain

 

 

出てきたのはこれ。

 

f:id:suiiti73:20181020215004j:plain

 

 

正直ただの卵かけご飯だった(笑)

 

もっと、炊き込みご飯みたいなのを、

イメージしてたから少し期待外れみたいな感じになった(笑)

 

 

 

f:id:suiiti73:20181020215204j:plain

 

 

ここが今夜の寝床。

 

ゲストハウス大好きすぎる、、、、

 

 

そのあとは、

道後温泉サブ館みたいなところの、

 

椿の湯、というところに行った。

 

goo.gl

 

f:id:suiiti73:20181020220450j:plain

 

 

ゲストハウスの宿主さんが言うには、

道後温泉夜に行くなら、

朝のほうがいいっていうことだったので、

別館に!

 

 

確か500円くらいだったかな。

 

 

この日は阪神の大山が、

3HR、藤浪完封で、

休憩所のテレビ見てテンション上がった。

 

そのあとは、たまたま通ったところで、

ストリップダンスがやっていたので寄ってみた。   

 

 

僕は全くの無知だったので、

後にストリプダンスや、ポールダンスは、

芸術だということを思い知らされる。

 

 

f:id:suiiti73:20181020220633j:plain

 

goo.gl

もう、日本にはあまりストリップ劇場が残っていないらしい。

 

 

なんなら、

温泉街で年中やっているのはここだけ、ということだった。

 

 

劇場内には、

きっとこの人たち毎日来てるんだろうなあ、、

っていうような人たちは右側に固まっていて、

僕たちは真ん中。

 

 

そして、チャラそうな大学生が10~15人くらい、

左側を占領していた。

 

 

劇が始まると、

案の定大学生たちが騒ぎ出す。

 

おお!!すげえ!!!裸じゃん!!

みたいなノリなのである。

 

出演している女の方、

すげえやりずらすらそうだなあ、、

 

って思っていると、

終わった後に、

 

君たち、ここは大人の場所なんだから、

もっとおとなしくしなさいね、

まだ子供だから興奮するのはわかるけど!

 

これも大人のお勉強ね!

 

みたいな感じで結構ノリノリで説教しているのである。

 

 

おれの心配してた気持ち返してほしい(笑)

 

公演は全部で2回あった。

 

大体、1時間ちょっとくらいだったかな。

 

ダンスと、写真撮影的なのが、

一人当たりの持ち時間みたいな感じである。

 

 

一人目はかなり人気だったんだけど、

二人目はそれほど人気ではなかったのと、

歳が30代後半くらいっていうのもあって、

いまいち盛り上がりに欠けるものになった。

 

 

けど、最後の曲がミスチルの himawariだったし、

僕はどこから来たの?

みたいな感じで、

言ってくれたから個人的には二人目のほうが、

覚えてる(笑)

 

 

それで、なんで芸術だと思ったかと言うと、

最初にアナウンスでも、

決して卑猥なことではありません、

これは芸術です、って言ってたし、

 

実際に見てみて、かっこよかったし、

演技の工程が練られてて、

ただ裸でいるだけじゃないんだなって思った、

もちろん全部隅まで丸見えなんだけど、

そういう目線で見なければ芸術。

 

 

そのあとは、梅酒をコンビニで買って、

その日は寝た。

 

 

 

次の日早朝、

道後温泉アタックした!!

 

いわゆる朝風呂ってやつだ。

 

僕が大好きな。

 

 

f:id:suiiti73:20181020223347j:plain

 

 

 

だけどめっちゃ混んでるじゃん(笑)

 

昨日宿主、朝はすいてるって言ってたじゃん、、、

 

 

特別コースみたいのはもう売りきれてたんだけど、

誰でも入れるコースに入った。

 

温泉自体は、まあ普通なんだけど、

どちらかというと、

建築物に惹かれる人が多いみたい。

 

 

たしかに、映画のモチーフにされているだけのことはある。

 

 

迫力があるというか雰囲気あった。

ドシーンと構えてる感じ。

 

 

 

f:id:suiiti73:20181020224420j:plain

 

道後商店街。

f:id:suiiti73:20181020224424j:plain

 

路面電車の中。

f:id:suiiti73:20181020224422j:plain

 

道後温泉

 

f:id:suiiti73:20181020224426j:plain

 

まっすぐに続く線路。

 

 

やっぱり、日本の和が感じられる場所は好き。

 

どんどんシャッターを切りたくなってしまう。

 

 

お昼前に、バスで尾道に向かった。

 

一年半ぶりの尾道

 

 

楽しみで仕方ない。

 

 

 

つづく。

 

【次の記事】

 

suiiti73.hatenablog.jp